読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASKA、覚醒剤ではなくADHD治療薬だった

法律違反の薬物使用容疑で再逮捕されたASKA容疑者。
11月25日にみずから110番通報したASKA容疑者は、東京都内某所の閑静な住宅街にある自宅に駆けつけた警察官に「海外のグーグルサイトに侵入したら盗聴された」などと訴えたという。

「すぐに警察官が自宅内を調べたが、盗聴器や盗撮器らしきものは見つからなかった。その後も不可解な言動を繰り返すASKA容疑者に対して、警察官は任意での採尿を要請。11月28日に薬物の陽性反応を示す鑑定結果が出たため、逮捕となった」(警察関係者)

今回の尿検査では法律違反薬物の一種の、ある興奮剤の成分が検出されたとみられている。
この成分は数年前に米国の若者たちの間で「頭の良くなる薬」として大流行。
日本ではもちろん使用は禁止されているのだが、実はADHD(注意欠陥・多動性障害)治療薬として販売がされている。
その効果は1錠でコーヒー10杯分の覚醒効果があると言われている。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1206/asg_161206_0201142996.html